文壬堂∴旅人的生活?

アクセスカウンタ

zoom RSS 建徳・蘭渓May'06――葉さんと諸葛さんの住む村8。

<<   作成日時 : 2012/10/19 09:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 53 / トラックバック 1 / コメント 4

画像諸葛八卦村は中国国家一級文物保護地区に指定されている村で、多くの中国人が観光に訪れている。つまり、新葉村とは扱いも、注目度もまったく違う村というわけである。



浙江省蘭渓市にある諸葛村は言うまでもなく諸葛孔明の子孫が住む村である。諸葛孔明の子孫は中国のいたるところにいるので、取り立てて珍しいわけでもないが、この村の“売り”は“中国最大の諸葛孔明の子孫の村”であることである。


村には4000人にものぼる諸葛姓の中国人が住んでいる。


諸葛孔明って浙江省の人だったっけ?


と思う人もいるであろう。


諸葛孔明は琅邪陽都(現在の山東省臨沂市沂南県)が本貫である。ならば、何故、浙江省に最大の諸葛一族の村があるのだろうか?


もしかして、最大って

嘘?

いや、そうではないらしい。
現地の説明文や中国の旅行本によると、

画像諸葛孔明から数えて十四代目にあたる諸葛浰(しょかつれん、952年)が寿昌県(今の建徳市寿昌鎮)の県令に任命され、赴任。こうして、諸葛姓を持つ人物が寿昌県に入ってきたのだそうだ。浰の死後、その子諸葛青が現在の諸葛村付近である硯山(今の蘭渓市と建徳市の市境にある山)に移り住んだのだ。諸葛家が繁栄を続けると、人も増えたことだろう。硯山では村をこれ以上拡大できないと、二十七代目にあたる諸葛大獅(1280年)が、王氏から独特の地形をもつ現在の諸葛村一体の土地を買いとり、九宮八卦をイメージした村・諸葛村の土台を気付いたのだ。



この村は、鐘池を中心に八本の道が放射線状に広がり、内八卦を構成している。また、村を囲む八つの山が外八卦を形づくっている。


二十七代目の諸葛大獅がこの地をいたく気に入り、移り住んできたのもうなずける。



諸葛村はその形もだが、立ち並ぶ古民居が良い。200戸以上ある古民居は明清代に建てられたもので、保存レベルはかなり良いほうである。

諸葛村には観光ポイントがたくさんある。各堂の造り、梁の彫り物などもおもしろいが、ゆっくりみてまわると、時間が足りないが、鐘池、丞相祠堂、大公堂、古民居などは見ておくといいかもしれない。


ブログランキング・にほんブログ村へ
旅に出ましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 53
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 2013
建徳・蘭渓May'06――葉さんと諸葛さんの住む村8。 文壬堂∴旅人的生活?/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/10 05:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
中国のスケールを感じますね。
親戚が集まって、都市計画をして、そこに住む。
中国には、こういう村が多いのでしょうか。
k
2012/10/22 13:15
k さん

コメントありがとうございます。
本当にスケールが大きいですね。
○○一族の村というのはやはり各地にたくさんあるようですよ。
bunjindo
2012/10/22 16:13
中国らしい魅力ある村ですね。
諸葛孔明とか孔子の子孫の村、そして客家(円形住居)の大家族とか興味つきないですね、中国は。これからもいっぱい魅力あるページをお願いします。
凡稔
2012/10/23 19:47
凡稔 さん

コメントありがとうございます。
福建省龍岩の客家の土楼には私も是非言ってみたいです。いつか龍岩の旅話が出来る日がくるといいなあと思います。
bunjindo
2012/10/23 21:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
建徳・蘭渓May'06――葉さんと諸葛さんの住む村8。 文壬堂∴旅人的生活?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる